保険の代理店で相談

保険代理店はエージェント

保険と代理店とエージェント

保険に関することは、代理店で相談する人が多くいます。代理店はエージェントとなります。保険を考える時は、自分のライフスタイルとそのライフスタイルにおけるリスクの把握が大切になります。信頼できる専門家であるエージェントを見つけて、そうしたリスクの把握につとめることはとても重要なこととなります。リスクの把握をすることで、リスク管理の仕方を考えることが可能となります。ライフステージごとのライフスタイルは変わることも多いので、ライフステージが変わった時は改めてリスク管理について話し合うことも大切になります。

代理店になるための手続き

損害保険の代理店になるためには会社と委託契約を結ぶ必要があります。知識や能力を備えているかどうかの基準は各会社により異なります。一般的には所定の研修を受講したあと試験を受けて決められた基準を満たす事が必要になります。会社と委託契約書を結んだあと所在地の財務局に登録してから販売ができるようになります。業務内容は委託契約書に基づき代理業として契約締結と保険料の領収が基本的な業務です。販売を専業としているプロと自動車ディーラーや不動産業者のように副業としているところもあります。専業、副業の中で複数の会社と契約締結している乗合と呼ばれる代理店もあります。

↑PAGE TOP