保険の代理店とは

保険の代理店と委託契約

保険代理店は会社と委託契約

保険の仕事、特に販売の仕事をするためには、社員となるほか代理店として活動する委託契約を締結する方法があります。社員となればその会社専属の販売員となりますので、会社の意向を強く受けて働くことになります。どの商品を販売しどのように顧客対応をするのかについて、すべて会社の指示を受けることになります。雇用されて働くことになりますから身分は安定します。代理店となれば複数の会社と委託契約を締結することが可能となり、顧客に最適の保険商品を作ることが可能になります。顧客管理や日々の対応も自分の考えを色濃く反映したものにできます。営業成績がそのまま収入に直結するほか、自らの事業計画にそってビジネスを展開することができます。

代理店を利用するのは

保険を扱う代理店は、私たちが普段の生活に必要なものをスーパーやコンビニなどで買う事と同じようなものです。保険の小売店のような感じです。その代理店には販売を専業としているところと、別の仕事をしながら副業としているところがあります。専業としている中でも、複数社の商品を販売しているところと、決まった一社の商品だけを扱うところがあります。また、ファイナンシャルプランナーがどれが最適でおすすめなものかを専門家の目から選んですすめるというのもあります。きめ細やかなサービスを受けることができることや、見直しの必要性にも的確なアドバイスをしてくれます。

↑PAGE TOP